山形大学医学部附属病院

English
診療科・部門

輸血・細胞治療部

ご挨拶

 輸血細胞治療部は、その名称が示す如く"輸血"と"細胞治療"業務を担っており、特定機能病院として高度な医療を提供するために重要な役割を果たしています。
  輸血業務では、緊急輸血、大量輸血に迅速に対応するシステムを構築しています。また輸血量の増加に伴い血液製剤の廃棄が問題となりますが、各診療科との緊密な連携のもと、廃棄を最小限に留めています。
 細胞治療では造血幹細胞採取のみならず、血液型不適合造血幹細胞移植時の移植幹細胞の処理、ドナーリンパ球輸注からGVHD治療に使用される間葉系幹細胞の発注、管理、HLA検査まで対応しています。
 "輸血"と"細胞治療"に関することは全て当部門が窓口となるべく、スタッフ一同対応しています。                                 部長 石澤 賢一

スタッフ紹介

部長
石澤 賢一  内科学第三講座 血液・細胞治療内科治療学分野教授  
       日本内科学会認定内科医・指導医、日本血液学会評議員・専門医
       日本臨床薬理学会指導医

石澤先生.jpg

副部長
東梅 友美  日本輸血・細胞治療学会認定医、学会認定自己血輸血責任医師  
       日本内科学会認定内科医・指導医、日本血液学会専門医・指導医
       日本造血細胞移植学会移植認定医
       インフェクションコントロールドクター

1.jpg

奈良崎正俊 認定輸血検査技師、細胞治療認定管理師、認定HLA検査技術者
石山 裕子 細胞治療認定管理師
柴田 早紀
大塚 那奈
旭岡 翔太
竹村 啓

日本輸血・細胞治療学会認定医3名
認定輸血検査技師1名
細胞治療認定管理師3名
認定HLA検査技術者1名
学会認定臨床輸血看護師4名
自己血認定医師2名
学会認定自己血輸血看護師1名
I&A視察員2名

部門紹介

安全に迅速な輸血療法ができるように体制を整えております。具体的な内容は下記に示します。
産科大出血・交通外傷・転落外傷・動脈瘤破裂などの大量出血の救急医療では、緊急搬送が決定した時点で輸血細胞治療部へ連絡をいただくように診療科に依頼し、血液型の検査する時間もない症例では、O型RBCとAB型FFPを患者様到着前に救急部に搬送しておき、余裕をもって治療が行えるように行動しています。できる限り臨床検査技師が血液製剤を搬送し、目視で患者様の状態を確認し、製剤の追加オーダーの有無と予測を、PHSを利用し輸血細胞治療部へ情報を素早く報告し滞りのない製剤準備に努めています。救急部に搬送した血液製剤は、18時間以上保冷可能な蓄冷剤と温度ロガーを装着した搬送Boxで、患者様の検査のための院内移動と一緒に移送します。
山形大学医学部附属病院では、大量出血症例は止血に有効な新鮮凍結血漿を早期投与し、止血苦渋症例へはフィブリノゲン投与を先進的に取り入れ、確実な止血が行えるように準備しています。手術前にはヘモグロビン値・血小板数・フィブリノゲン値を検討し、輸血製剤払出しとは別に、院内在庫や血液センター在庫など、個々の症例に対応した製剤準備を実践しています。手術当日は、術中麻酔科記録と術野映像でモニタリングし出血状況を直接把握し、迅速に血液製剤を予測準備しています。緊急時には輸血細胞治療部にもコマンダーをおき、臨床情報と血液センター製剤在庫の情報を収集し、最善を尽くし輸血療法をおこなっています。
一方、血液製剤の有効利用を展開し、使用する側の医師との信頼関係により、手術での過剰な準備血が減り適切な製剤オーダー単位数が殆どで、十分な止血が得られた場合は血液製剤の早期返却を促進しており、善意で献血していただいた血液製剤の廃棄率の少なさは、全国大学病院中トップクラスの好成績です。
通常の輸血に対しても、不規則抗体、赤血球自己抗体、造血幹細胞移植など、患者様それぞれに応じた安全な輸血用製剤をオーダーメードで供給する工夫をしています。

2.jpg  3.jpg

4.jpg

5.jpg 6.jpg

 7.jpg   8.jpg

自己血採取や造血幹細胞採取では、患者様やドナーの方が、安全で安心して採取できる環境を準備しています。

9.jpg  10.jpg

末梢血造血幹細胞採取では、CD34陽性細胞(造血幹細胞)をモニタリング測定し、より最適な採取日を決定し、1日で移植に必要な細胞を採取完了できるよう、安全で効率の良い細胞採取工程を工夫しています。

11.jpg  12.jpg 13.jpg

14.jpg 15.jpg

クリーンベンチを使用し、洗浄血小板の作成、洗浄赤血球の作成、血液製剤の分割作成、合成血の作成、採取後の末梢血造血幹細胞凍結や骨髄凍結前の細胞調整、ヒト骨髄由来間葉系幹細胞や臍帯血移植前の細胞調整をおこなっています。
骨髄移植のために、骨髄液の赤血球除去・血漿除去、凍結作業をおこなっています。
ヒト骨髄由来間葉系幹細胞(テムセル)の発注保管管理、細胞調整をおこなっています。                                (16-19).jpg                                                                 

医療安全

症例や事例の速やかな情報共有と、定期的な振り返りを実施し、安全な輸血と造血幹細胞移植に取り組んでいます。

教育活動

認定輸血検査技師制度指定施設
学会認定・臨床輸血看護師制度指定施設
医学部医学科学生教育
臨床検査学科大学の病院実習施設

certificate1.jpg certificate2.jpg

施設認証

輸血管理料Ⅰ
ISO15189

certificate3.jpg