山形大学医学部附属病院

English
診療科・部門

整形外科

整形外科の紹介

整形外科では運動器の障害を治療する科です。運動器とは、四肢・体幹の骨格、関節、靭帯、筋や脊髄・神経であり、身体の感覚を脳に伝えて、反射的あるいは意思に基づく身体の運動を行う器官です。運動器により営まれる運動は、脳や神経系を賦活し、循環系や代謝系の健康を保つために重要な役割を果たしています。運動器の障害を改善し、生活の質(COL)を高めるためのお手伝いをします。診療分野別に

脊椎
(側弯症、後弯変形、骨粗鬆症、脊椎・脊髄腫瘍、腰部脊柱管狭窄症、脊髄症、ヘルニア、分離症)

肩関節
(五十肩、反復性脱臼、腱板断裂、投球肩関節障害)

手の外科
(四肢先天異常、切断指再接着、末梢神経障害、ばね指、Dupuytren拘縮、足趾移植、麻痺手再建)

股関節
(変形性関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼)

膝関節
(変形性関節症、靭帯損傷、半月版損傷)

足の外科
(内反足、足趾短縮症、変形性関節症、靭帯損傷)

骨・軟部腫瘍
(骨の腫瘍、軟部組織の腫瘍)

関節リウマチといった診療班に分けて、よりキメの細かい専門的で高度な治療を行える体制をとっています。

その他、骨粗鬆症に対する治療や運動器障害の治療後のリハビリ療法を行っております。