山形大学医学部附属病院

English
診療科・部門

リハビリテーション部

部門紹介

リハビリテーションは、病気や事故によって起きた、身体機能や精神機能の低下を回復させ、可能な能力を最大限に活用して身の回りの動作が円滑に行えるようにすることが目的です。そして、出来る限り早く家庭や社会に復帰できることを目指しています。
当院のリハビリテーション部には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のコメディカル職種が在籍しています。

理学療法部門

理学療法は、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう治療します。

作業療法部門

作業療法は、運動機能障害、日常生活動作(食事、整容、トイレ、着替え、入浴など)障害、高次脳機能障害(記憶力や集中力の低下、動作手順の悪さ、物が正しく見えなくなったりするなど)のある方に対して、機能回復や生活していくために必要な動作、社会に適応するための能力の回復をめざし治療を行います。

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法は高次脳機能障害、構音(発音)障害、嚥下(飲み込み)障害、聴覚障害等の患者様に対して、障害の説明、各種検査・評価、機能の回復・維持の訓練、代償法の獲得等を行うリハビリテーションになります。