山形大学医学部附属病院

English
診療科・部門

病理部

ご挨拶

病理診断科(病理部)は診療科の一つです。患者さんから採取された組織や細胞の標本で病理診断・細胞診診断を行い、その結果を主治医へ報告することにより、治療方針の決定などに関わっています。また、病理解剖の診断は、研修医などの同席の下で、病院全体で行う検討会に報告され、今後の診療に生かされます。また、患者さんへのサービス向上のために病理診断科外来を開設しています。これらの病理診断科の実質的な業務は病理部で行われています。

部門紹介

病理診断科(病理部)の具体的な活動は以下の通りです。

  1. 細胞診断:痰、尿、穿刺液などに含まれる細胞の良悪性を判断します。
  2. 生検組織診断:検査のために身体組織の一部を採取し診断を行います。
  3. 手術材料の病理診断:手術で切除された病変の確定診断や癌の進行度などの評価を行います。
  4. 術中迅速病理診断:手術の最中に切除された組織を短時間で診断します。その結果に基づいて手術方針が決められます。
  5. 病理解剖:不幸にして病気で亡くなられた方の解剖を行って、死因を究明します。
  6. 病理診断科外来:次項(特徴的な取り組み)で説明します。
  7. 研修医のための卒後研修プログラム:研修医のための初期および後期研修プログラムを実施しています。具体的な内容については、こちら をご参照ください。

特徴的な取り組み

山形大学医学部付属病院の病理診断科では、全国の国公立大学の付属病院および県内の病院のうちで最も早くから病理診断科外来を開設し、患者さんへのサービス向上に努め、高度先進医療の一翼を担っています。

病理診断科外来では、病理専門医が患者さんやご家族に病理標本を示しながら、病理診断内容を説明し、質問に答えます。主治医から現在治療中の疾患について説明を受けた上で、さらに詳しい病理についての情報が必要な、あるいは実際に自分の細胞・組織を見てみたいと希望される患者さんを対象とします。

詳細はこちら

スタッフ紹介

病理部長
二口 充 Mitsuru Futakuchi(病理専門医)
病理部副部長
大江 倫太郎 Rintaro Ohe(病理専門医・細胞診専門医)
病理医
樺澤 崇允 Takanobu Kabasawa(病理専門・細胞診専門医)
宇都宮 文 Aya Utsunomiya(病理専門医・細胞診専門医)
浦野 友佳 Yuka Urano
玉澤 暢之 Nobuyuki Tamazawa
北岡 匠  Takumi kitaoka
臨床検査技師
鈴木 俊紀 Toshinori Suzuki
斉藤 友則 Tomonori Saito
白岩 徹平 Teppei Shiraiwa
志田 愛実 Ami Shida
鈴木 あゆみ Ayumi Suzuki
医療クラーク
東海林 真由美 Mayumi Toukairin

メッセージ

病理医が病理診断を行う際に患者さんと直接会うことはありません。しかしながら、我々が行う診断業務は、病気の適切な治療を行う上で必須の内容です。つまり、患者さんから採取された病理標本を通じて、病名を確定したり、病勢を評価したり、治療法や治療効果を評価することで患者さんの役に立っているのです。当診療科では病理診断科外来も開設し、患者さんやそのご家族に直接会って、病理診断などを説明する機会を準備しましたので、是非、ご活用ください。

病理解剖委託申込み(院外医療機関対象)

  • 院外の医療機関から病理解剖を申し込まれる場合は、病理解剖委託申込み方法(下記をクリック)をご参照の上、関連書類を添えてご連絡下さい。

病理解剖委託申込みの方はこちらをクリック

病理標本関連等の借用・標本作製依頼(院外医療機関対象)

  • 院外の医療機関から申込まれる場合は、依頼書(下記をクリック)をご参照の上、関連書類を添えてご連絡下さい。