山形大学医学部附属病院

English

入院される方へ

入院の費用・診断書・証明書について

お会計

入院中の請求

入院中の費用は、毎月末に1ヶ月分を取りまとめ、翌月の10日頃に請求書と払込取扱票を病室へお届けしますので、支払い期限までにお支払いください。

退院時の請求

平日に退院される場合は、請求書を退院手続き時に病棟でお渡しいたします。

支払い方法

支払い方法図

  1. 窓口でのお支払い (会計受付 総合受付カウンター7・8番窓口)
    平日8:30-17:00(土・日・祝日は除く)
  2. 診療費自動精算機でのお支払い
    現金の場合  平日8:30-17:00(土・日・祝日は除く)
    クレジットカード  原則24時間利用可能
    ※不定期にメンテナンス等で停止する場合があります。
    ※デビットカードの利用時間は、銀行によって違いますのでご確認願います。
  3. 土・日・祝日のお支払い窓口 (救急部受付隣り)
    土・日・祝日の8:30-17:00のみの受付
    現金およびクレジットカード
  4. その他
    銀行・郵便局・コンビニエンスストアでお支払いを希望する方は、振込取扱票によりお支払い願います。振込手数料は、患者さんのご負担となります。

JCB American Express Diners Club DISCOVER DC UFJ NICOS VISA Master Card

大学病院の入院医療費の算定方法

当院では包括評価方式(DPC)により、医療費を計算しております。
厚生労働省が定めた診断群分類により、1日あたりの定額の点数を基本にして医療費を計上する方式となります。
ただし、すべての患者さんの入院費がDPC方式で計算されるのではなく、出来高方式により計算する場合もあります。

限度額適用認定証(70歳未満の患者さんへ)

事前の申請により、70歳未満でも入院等に係る窓口での支払いが一定限度額に軽減することができます。
加入している医療保険の保険者に事前の申請を行う必要があります。保険者から発行される「限度額認定証」を 総合受付カウンター 入院・退院受付(11番窓口)にご提示ください。
認定証の発行期日は、原則申請月の1日からとなるため、入院前に申請することをお勧めします。

出産育児一時金の直接支払制度

出産した場合は、加入している医療保険から出産育児一時金が支給されます。この一時金の受け取りを医療機関に委任することにより、窓口で費用を立て替える負担が軽減されます。詳細については、本院の窓口におたずねください。

入院に関する診断書・証明書が必要な方へ

入院中又は退院後に申し込み願います。

診断書受付窓口 ( 総合受付カウンター 10番窓口)

退院日が決定した後にお申し込みください。退院日が未定で急に診断書が必要な場合は主治医にご相談願います。
出来上がり次第ハガキにて連絡します。連絡がありましたら、診断書窓口(10番窓口)でお受け取りください。

各種生命保険、損害保険等に提出する際は、専用の所定の様式が必要となりますので、前もってご確認の上、あらかじめお取り寄せください。