重粒子線治療とは

ホーム重粒子線治療とは

重粒子線がん治療は外部放射線治療の一つです

痛くない 痛くない

重粒子線は従来の放射線治療と同様に照射中の痛みはありません。
身体への負担が少ない治療ですので通院治療が可能です。
総合病院接続型の施設であるため、既往症をもつ患者さんも安心して治療を受けられます。

短い治療期間 短い治療期間

重粒子線は体内で広がらないため、がん腫瘍に集中させることができます。
従来の放射線治療の約半分の期間で完了します。
1回の治療時間は10分から20分程度、治療期間は数日から5週間程度です。

高い治療効果 高い治療効果

がん腫瘍の大きさや深さに合わせた調整ができるため、正常組織を避けて
ピンポイントに集中照射し、がんに対してダメージを与えることができます。
従来の放射線治療に比べ、副作用が少なく今まで治療が難しいがんにも高い治療効果が期待できます。